戻る ロゴ

2022

Kozy Sans

FONT

→ いごこちをつくる書体

Kozy Sans は、太めの書体にありがちな威圧的な印象を軽減することを試みた英文書体です。
一般的に太めのサンセリフ書体は、その黒みから、主張が激しく威圧的な印象を受けがちです。
しかしそれと同時に、またちがったイメージも受け取ります。
それは安心感であったり、信頼感であったり、そういった太さゆえのいわゆる包容力だとか寛容さのようなものだったりします。
では、そんな太めのサンセリフ書体の「威圧的でない側面」を最大化できるかたちはどんなかたちなのでしょうか。
そんな問いかけから制作した書体です。
たとえば、R や k などのレッグの終端のカットを緩やかにしています。(下図参照)
また、全体として、字面上の都合から「面」であるかのように設計されがちな部分も、線としてのかたちを尊重しています。(下図参照)
また、ステムとバーの太さ、大文字と小文字の大きさのコントラストをおさえています。
こういった要素から生まれる、通常よりも拡張された安心感や信頼感を「いごこち」ととらえ、「Kozy Sans」と名付けました。
(発音記号付きの文字をまだ制作していないため、「英文書体」と表記しています。)

→ DOWNLOAD OTF(準備中)